www.mitsuyuki.com このページを閉じる
活動日誌2007年12月

  • 11月定例議会が閉会(2007年12月21日)
    本日の最終本会議で、知事提案議案18件のうち昨年度の普通会計と公営企業会計の決算の2件について「不適切な事務処理の虚偽の内容がある」と全会一致で不認定としました。普通会計は2年連続の不認定になります。また議員発議では、政務調査費の収支報告書に1円からの領収書添付を義務付ける条例改正案を可決。私たち社民党県議団が発議者・紹介議員であった(1)トンネルじん肺根絶の抜本的な対策を求める意見書、(2)JR不採用問題の早期解決を求める意見書はそれぞれ採択されました。私は「議員定数・選挙区調査特別委員会にも所属、また今回宮崎県林活議員連盟連絡会議のプロジェクトチーム「森林・林業活性化研究委員会」の県議会選出のメンバーにもなり、今議会開会中も議会日程を縫っての会議が多くて大変でした。

  • 福島党首が来所(2007年12月7日)
    開会中の県議会に福島瑞穂党首が訪問されました。社民党県議団と昼食を取りながら意見交換を行いました。党首の母校の大宮高校のイベントに参加するために急きょ里帰りされたようです。テレビで見ているように生でも元気いっぱいでした。一部のマスコミ報道で「福島党首が衆議院選宮崎選挙区でくら替え立候補か!」と報じられていますが、本人の説明を聞く限りでは可能性はないようです。党首から「宮崎でも来る衆議院選にぜひ候補を立てて」とハッパをかけられました。頑張らねば。多忙を極めておられますが健康に留意して頑張ってほしいと思います。

www.mitsuyuki.com このページを閉じる